トップページ >> 事業案内

事業案内

事業展開

千産千消(地産地消)を推進お客様に「顔の見える市場」に

長印市川青果は、外食や量販店に全国の大生産地や地元千葉県が産出した青果物の安定供給と契約取引を推進しています。卸売市場が主導で進める取引を模索し、従来の市場は産地の販売代行としての機能でありましたが、実需者(量販店、外食等)ニーズの把握と、その仕入れを代行するという新しい機能を追及しています。

千産千消(地産地消)を推進お客様に「顔の見える市場」に

信州と首都圏を結ぶ広域展開

長印市川青果の強みは、本社が長野県長野市であり、長野県との太いパイプがあることです。長野県はりんご・桃・巨峰などの果実や、きのこやレタス・アスパラガスなどの高原野菜等、日本有数の質と量を誇る農業王国です。その取れたての新鮮な野菜や果物を千葉県に安定供給することができ、さらに首都圏や全国にも広域展開することができます。

信州と首都圏を結ぶ広域展開

お客様のための産地と市場のアドバイザー役

お客様に新鮮でより良い野菜や果物を旬の時期に、提供するために千葉県産の野菜や果物の取扱を強化しています。産地市場だからできるスピーディーな流通も、野菜や果物のおいしい時期、つまり旬を提供するからできるのです。もちろん県内JA・農家と一緒に開発した新品種や新商品をスーパーや外食業者に直接企画提案するなど、地域農業発展のためのお手伝いもさせていただいています。

お客様のための産地と市場のアドバイザー役

新たなニーズにも素早い対応

日本人のライフスタイルの変化とともに食生活が変化し、外食産業や惣菜・カット野菜などの需要が増加しています。こうした時代の変化とニーズを敏感にとらえ、的確に対応しています。また、従来のオンラインを使った受発注のほか、店舗から携帯端末でオーダーを取ることで、店舗立地により異なるお客様のニーズにも素早く対応しています。

新たなニーズにも素早い対応

地域の方々に感謝を込めて 市場まつりの開催

毎年1回、地域の皆様に市場を開放し「市場まつり」を開催しています。 地域社会の一員としての認識のもと、この地で経営していかれることに感謝し、市場への理解を深めてもらうだけでなく、新鮮な青果を手にとり、味わってもらうことを目的に開催し、多くの来場者とのコミュニケーションの場となっています。

pagetop