弊社は大正2年(1913年)長野市善光寺門前で誕生してから100年余、流通の大型化に対応するため2度の移転を重ねて現在の地で営業をしております。

創業以来、地域の青果物を地域の販売先を通して地域の消費者に届けることを業としてまいりました。時代の変遷とともに流通量と流通する地域が拡大し、現在では全国の産物を信州に、そして信州の産物を全国へと展開を拡大させてまいりました。拠点も長野県内と首都圏を含め6か所、事業も青果卸売業の他に農業生産やカット野菜、郷土料理であるおやきの製造等の惣菜、運輸と多岐に渡り、青果物を様々な切り口で皆様のもとにお届けしております。これからも変わりゆく時代のニーズに合わせて自らも変化をさせ、お客様の満足に応えていきたいと考えております。

長野県は自然の宝庫であるとともに、農産物の宝庫です。魅力ある生産者の皆さんと、魅力ある産物を、魅力ある商品に仕立てて、地域の皆様から全国の皆様までお届けし、豊かな食生活と多品種少量で鮮度重視の日本の食文化をしっかりと支えていくことが弊社の使命と固く信じております。これからもこの精神のもと、立ち止まることなく、変化を力に変えながら、これからも挑戦を続けてまいります。




株式会社 長印 代表取締役社長 倉﨑 浩