営業方針

企画提案型営業〜新たな市場価値の創造〜

長印船橋は、従来の市場の役割であった販売代行機能に留まらず、青果販売店、産地に頻繁に出向くことで得られる情報をもとに実需者ニーズを把握。地元農業振興のヒントを見出し、販売店と産地との間に立つ長印船橋ならではの方法として、双方にその時々の需要に合った企画提案をする形で還元しています。現場の意見に耳を傾け、その声を相互の発展に役立てる企画提案型営業という新しいスタイルを確立し、発信する存在として市場に新たな価値や機能を付加していきます。

産地への提案

企画提案型営業の象徴とも言えるのが、地元農家やJAへの新品種・新商品の共同開発提案です。長印船橋では実際の生産に向けて、長印グループが持つ青果の研究・開発機関を活用し、青果の生産、商品化までをサポート。実際に開発した新品種が、これまでにも着々と市場に出回り、広く流通しています。また、生産者の方には市場までの青果運搬に専用コンテナの使用を推奨することで、産地の方が負担する段ボール費用の削減を図るとともに省資源化にも取り組んでいます。

スーパーや小売店への企画提案

スーパーや小売店には、「B級グルメ」の特設コーナー設置を提案。味、鮮度が良くても、形が不揃いなために通常、流通に乗らない青果を格安で販売してもらい、消費者の方からも好評をいただいています。また、実需者ニーズの分析結果を元に、産地と共同開発した青果のプライベートブランド化を促進。青果の安定した流通にも期待ができ、地域農業の発展にも繋がっています。青果をただ卸すだけでなく、「消費者にいかに喜んで買ってもらえるか」という課題にまで思いを巡らせ、積極的な提案を行なっています。

異業種への企画提案

例えば、酒造メーカーと提携。天候不順で栽培に大きな影響を受けたかぼちゃ農家から、出荷のできないかぼちゃを収集、焼酎として生まれ変わらせるなど、型にはまらない柔軟な発想で様々な取り組みを実践しています。また、青果加工工場では、とれたての青果を調理に便利なカット野菜などに加工。新鮮なうちに出荷ができ、外食産業からのニーズにも幅広く対応しています。私たちは、市場の枠を超えた異業種への企画提案を通じ、生産者から消費者に至るまで、それぞれのメリットを創出する新しい仕組みづくりに挑戦し続けています。

システム管理

長印船橋では、長印グループ専用に開発された電算システムを導入しています。このシステムによって各拠点から随時グループ全体の在庫状況を把握できるため、ロスの低減につながる効率的な流通が実現しています。またオンラインでの受発注も行い、スピードが重視される現代の流通にも迅速に応えることができます。長印船橋は、常に最新システムへの更新を図ることで、青果の鮮度を保つ、スムーズな流通を追求しています。